版画コレクション

更新日:2016年12月01日

国内近現代版画コレクション

西日本有数を誇る国内版画コレクションは、所蔵品の約7割を占めています。
日本の版画は、戦後の国際的な展覧会で受賞を重ね、非常に高い評価を受けてきました。
当館では、版画の多様な作風を映し出しながら、系統的な収集を目指しています。

歩哨(見張り役の兵)を描いた版画

浜田知明「初年兵哀歌(歩哨)」昭和29(1954)年

化粧をする和服の女性の版画

橋口五葉「化粧の女」大正7(1918)年

抱き合う2人の人を描いた版画

永瀬義郎「抱擁」大正4(1915)年

版画作品の写真

瑛九「旅人」昭和32(1957)年

工場地帯の風景を描いた版画

小野忠重「工場」昭和7(1932)年

虹色で描かれた版画

靉嘔「レインボー北斎」昭和51(1976)年

三角座りをした女性の姿とこちらを見る女性の顔を描いた版画

木村光佑「現在位置―フレーミングA」昭和46(1971)年

この記事に関するお問い合わせ先
生涯学習部 文化課 東広島市立美術館
〒739-0144
東広島市八本松南二丁目1番3号
電話:082-428-5713
ファックス:082-427-3058
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんので、ご了承ください。また、暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。