東広島市立美術館の概要

更新日:2016年12月01日

東広島市立美術館の沿革

東広島市立美術館の外観を写した写真

東広島市立美術館は、「人間と自然の調和のとれた文化の香り高い学園都市」をめざす本市の芸術文化活動の拠点として、七ツ池畔の豊かな緑に包まれ、1979年6月1日に開館いたしました。広島県内でも最も古い歴史を持つ市立美術館です。

 〒739-0144
 広島県東広島市八本松南2丁目1-3
 電話番号082-428-5713  ファックス082-427-3058

活動の紹介

新たな芸術文化の創造を基本理念とする東広島市立美術館の活動は、美術作品の収集・保存・活用から、優れた創作活動を展開する作家とその作品を紹介するための企画展、関連講座などに多岐に及びます。

コレクションは、「日本の近現代版画」「現代陶芸」を柱とし、郷土ゆかりの作家の作品も積極的に収集しています。

展覧会は、年間2~3回の所蔵作品展をはじめ、7~8月には現代絵本作家原画展、2~3月には「現代の造形Life&Art」という2つの特色ある企画展を開催しています。また、市民の創作活動の発表の場である秋の「東広島市美術展」には、毎年優れた作品が集い、東広島市の芸術的水準の高さを内外に示しています。

このほか、年長児を対象としたワークショップ「アートファクトリー」や、小学生を対象としたクイズ形式の美術鑑賞企画「アートアドベンチャー」、美術館ボランティアによる作品解説、学生の鑑賞や授業への協力など、地域の芸術文化振興のため幅広い活動を展開しています。

美術館を訪れた子どもたちの写真

美術館ボランティアの活動

展示会の模様を写した写真

平成21年度市美展入賞作品

美術館に見学に訪れた小学生たちの写真

展覧会鑑賞を取り入れた授業

開館時間

10時~17時(入館は16時30分まで)

休館日

月曜日、12月28日~翌年1月4日、教育委員会が必要と認めるとき

入館料

  • 所蔵作品展  一般  100円、大学生70円、 高校生以下は無料
    20人以上の場合は一般が70円、大学生が50円の団体料金となります。
  • 特別展の入館料はその都度定めます。
  • 後期高齢者医療被保険者証・身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けられている方、ならびに、その介添者の方は、無料で入館いただけます。(各手帳等を係員にご提示ください。)

施設の概要

館内の案内図の画像
  • 敷地面積 888.00平方メートル
  • 建築面積 338.99平方メートル
  • 延床面積 641.22平方メートル
  • 第1展示室 146.4平方メートル
  • 第2展示室    217.7平方メートル
  • 駐車場   31台

車椅子を無料で貸し出しております。ご利用の際は受付にお申し出ください。

この記事に関するお問い合わせ先
生涯学習部 文化課 東広島市立美術館
〒739-0144
東広島市八本松南二丁目1番3号
電話:082-428-5713
ファックス:082-427-3058
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんので、ご了承ください。また、暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。