平成23年度第1期所蔵作品展「創作版画期の作家たちと池田満寿夫の版画」

更新日:2016年12月01日

第1期所蔵作品展 ―創作版画期の作家たちと池田満寿夫の版画―

ご案内

作品展「創作版画期の作家たちと池田満寿夫の版画」に関するポスター

東広島市立美術館では、平成23年4月1日(金曜日)から、―創作版画期の作家たちと池田満寿夫の版画―と題しまして、所蔵作品展を開催いたします。今回は当館コレクションから、創作版画と呼ばれる日本で近代版画が芸術活動として始まった大正
時代から昭和初期に活躍した作家の作品と、現代版画家を代表する作家池田満寿夫の作品を合わせて約30点ご紹介いたします。

平面の中に満ちた多様な世界に触れていただければ幸いです。

会期

平成23年4月1日(金曜日)~平成23年5月15日(日曜日)

入館料

大人100円、大学生70円、高校生以下無料

20人以上の場合は一般が70円、大学生が50円の団体料金となります。

休館日

月曜日

出展作品

織田 一磨氏が大阪の町並みを描いた作品『道頓堀』の写真

織田 一磨 『道頓堀(大阪風景)』

前川 千帆氏が雪に覆われた余呉湖の景色を描いた作品『雪の余呉湖』の写真

前川 千帆『雪の余呉湖』

この記事に関するお問い合わせ先
生涯学習部 文化課 東広島市立美術館
〒739-0144
東広島市八本松南二丁目1番3号
電話:082-428-5713
ファックス:082-427-3058
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。