避難情報の発令に伴う、警戒レベルの付記について

更新日:2019年05月29日

警戒レベルに応じた避難行動をとりましょう

平成30年7月豪雨に伴い、国及び広島県の避難勧告等に関するガイドラインが改定され、住民等に発令する避難情報の意味を直感的に理解できるよう、避難情報を5段階の警戒レベルにより提供し、とるべき行動の対応が明確化されました。
被害の危険が高まった場合、警戒レベルに応じた5段階の行動をお願いします。

【警戒レベルに応じた避難行動】
警戒レベル 住民がとるべき行動 行動を住民に促す情報
警戒レベル5 既に災害が発生しています。
命を守るための最善の行動をしてください。
災害発生情報
警戒レベル4 避難してください。
災害が発生するおそれが極めて高い状況等で、立退き避難はかえって命に危険を及ぼしかねないと判断する場合には、近隣の安全な場所への避難や建物内のより安全な部屋(2階等)への移動等の緊急の避難をしてください。

避難指示(緊急)

避難勧告

警戒レベル3 避難に時間のかかる高齢者等の要配慮者は避難を開始してください。その他の人は避難の準備をし、自発的に避難をしてください。 避難準備・高齢者等
避難開始
警戒レベル2 避難場所や避難経路の再確認をするなど、避難に備え自らの避難行動を確認してください。 注意報
警戒レベル1 防災気象情報等の最新情報に注意するなど、災害への心構えを高めてください。 早期注意情報

※実際の発令は、「警戒レベル4避難勧告」というように、警戒レベルと避難情報を組み合わせて発令します。

※警報レベル1及び2は気象庁が発表し、警報レベル3~5は市から発令を行います。

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 危機管理課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館3階
電話:082-420-0400
ファックス:082-422-4021
メールでのお問い合わせ