移住するなら東広島:この街へ暮らしをスイッチ!-東広島市

移住するなら東広島:この街へ暮らしをスイッチ!-東広島市

  1. s
  2. l

猟師 / 和泉川 健太郎 さん

◎東広島市豊栄町在住 46歳 ◎居住歴:3年 ◎出身地:広島県

※2016年8月取材時

狩猟を始めた頃からの思いを実現 

狩猟を始めた頃からの思いを実現
若い世代への魅力発信が、次なる夢

会社役員の職を辞し、長年あこがれていた猟師の道を選んだ和泉川さん。自身のキャリアの集大成として選んだ地は、狩猟を通して自然の魅力と人の温かさを教えてくれた豊栄。そして起業の後押しとなったのは、注目されてきたジビエの魅力と若者の情熱だった。

豊かな自然、豊かな心に魅せられて

豊かな自然、豊かな心に魅せられて

狩猟を趣味として始めたのは20年前。友人が猟銃所持の免許を取得したことがきっかけです。休日に狩猟へ出かけることを重ねるうちに、「猟師として生きていく方法はないか」と考えるようになりました。15年前に仲間の誘いで豊栄に猟に来たとき、豊かな自然と地元の方たちの心の温かさに魅せられました。2013年11月、豊栄に居を構えることを決意し、移住。移り住んで約2年間は、豊栄から役員を務めていた広島市の警備会社まで通勤していました。

若き実業家とタッグ ジビエの拠点に

若き実業家とタッグ ジビエの拠点に

猟師としての活動のフィールドを豊栄に置いて15年。これまで、増え続ける害獣の問題を懸念し、行政機関などに対策を提案しましたが、なかなか実現しませんでした。しかし、近年のジビエブームを追い風に、後輩の若い猟師たちが、広島市にジビエ加工と出荷を手掛ける会社を設立したのです。そして彼らの熱いラブコールに応え、2016年4月、シカやイノシシを調達し食肉としての一次処理を行う「東広島ジビエセンター」を立ち上げました。

呼び込みたい「若い力」

呼び込みたい「若い力」

猟師の数が激減している中、豊栄を訪れてくる若い猟師がいます。その中には、環境の良さが気に入って転入する者も。そんな若者を中心に、豊栄に人を呼びこむイベントを定期的に開催。土日月の3日間連続でバーベキューを行っています。SNSで開催を知った人たちが、自由に出入りし、多い時には100人を超える参加があります。100人来れば、1人2人は豊栄に住んでみたいという若者が現れるものです。次の世代を担う若い力を、もっとたくさんこの地に呼び込めたらいいですね。

その他の移住・創業インタビューを読む