移住するなら東広島:この街へ暮らしをスイッチ!-東広島市

移住するなら東広島:この街へ暮らしをスイッチ!-東広島市

  1. s
  2. l

アンティークショップ経営 / 中岡政文さん

◎東広島市豊栄町在住 44歳 ◎居住歴:10年 ◎出身地:東広島市

※2018年12月取材時

事業の拠点は豊栄 アンティークを軸に多角的展開

事業の拠点は豊栄
アンティークを軸に多角的展開

アンティークショップ「Re:come across(リ・カムアクロス)」代表。英仏で買い付けた西洋アンティークを、インターネットを中心に販売し、豊栄町には店舗も構える。アンティーク販売の他、レンタル事業やグランピング施設の運営も行う。2018年11月には同町内に宿泊施設「廣島書店」を開業した。

夢を追って上京。帰郷後は新たな夢に挑む

夢を追って上京。
帰郷後は新たな夢に挑む

専門学校を卒業後に、広島の会社に就職しました。2年後の22歳のときに退職。子どもの頃からの夢だった歌手を目指して上京しました。「4年で結果を出す」と決めて、日雇いのアルバイトをしながらバンド活動。区切りの4年が経ち、ミュージシャンとしての目途が立たなかったので、広島に帰りました。その後は廿日市市のアンティークショップに店長として勤務。3年間で修理や買い付けなどのノウハウを習得しました。2005年に退職し、ネットショップ「Re:come across」を開設。2006年には実家のある高屋町造賀に移転し、実店舗で家具の販売や買い取りを始めました。

豊栄との出合いで事業が成長

豊栄との出合いで事業が成長

店舗が豊栄町に移転したのは2008年。お客様からの買い取り依頼がきっかけでした。家具の査定に出向いたところ、家具はもちろん建物も、レトロで大変魅力的なものでした。その建物は診療所だったのですが、院長先生は高齢で、廃業を決めていらっしゃいました。取り壊すのはもったいないと思い、建物も買い取り、店ごと移転しました。現在はここを拠点に、アンティーク家具の買い取りと販売の他、用具なしでキャンプできる場所を提供するグランピングや、イベントなどでの家具レンタルの事業も展開。2018年11月には、近くの古民家を改装した宿泊施設「廣島書店」を開業しました。

ローカル起業の利点と成功の鍵

ローカル起業の利点と成功の鍵

田舎でビジネスをすることの最大の魅力は、「伸びしろ」です。その最たるものが廣島書店のような空き家の活用でしょう。視点を変えるだけで光り輝く財産になる空き家が、東広島にはたくさん眠っています。当然、賃料も安いので、固定費を低く抑えられるというメリットもあります。開業にあたっては、東広島市空家対策事業費補助金を活用。改修費の3分の2が国と市から交付され、資金面でのゆとりができしました。

事業をする上で必要なのは「柱」。私の事業は全てアンティーク家具を中心に展開しています。「これがしたい」「これしかできない」という自分の得意分野を追求することが、成功の鍵だと思っています。

その他の移住・創業インタビューを読む