エゴマ

更新日:2017年12月11日

「畑の青魚」

エゴマとはシソ科の植物で日本では縄文時代中期頃から栽培されていた作物です。近年エゴマ油には人間の健康に重要なα-リノレン酸が大量に含まれていることが判明し、健康志向の高まりとともに再び見直されつつあります。福富産物しゃくなげ館で油、実、餅他様々な加工製品が販売されています。

福富のエゴマ商品の写真
この記事に関するお問い合わせ先

産業部 観光振興課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館8階
電話:082-420-0941
ファックス:082-422-5805
メールでのお問い合わせ