そば

更新日:2017年12月11日

河内のそば

そばは生育が大変早く、昔から凶作時の備えに栽培が奨励されてきた作物。タンパク質やビタミン類も豊富で、近年は健康食としても注目を集めています。よいそばを生む最適の条件を備えたところは、昼と夜の温度差が大きく、霧が深い山間部といわれます。品質のよいそばのことを別名「霧下そば」といいますが、これはそばの生育・結実期に朝霧がかかると風味、栄養とも優れたそばができるからついたもの。河内町の山間部はそんな条件をすべて備えています。
8月中旬に種をまいたそば畑は11月が収穫期。そばを味わうなら、挽きたて、打ちたて、茹でたてが最高。絶品の”三たてそば”は、町内の「そば処・さわやか茶屋」でどうぞ。

河内のそばの写真
この記事に関するお問い合わせ先

産業部 観光振興課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館8階
電話:082-420-0941
ファックス:082-422-5805
メールでのお問い合わせ