樋之上八幡神社

更新日:2016年12月01日

市指定重要文化財が伝わる神社

平安時代中期、延長元(923)年の勧進とされています。現在の拝殿は文政5(1822)年、本殿は江戸時代初期頃に再建されたもので、その他、文正元(1466)年を最古とする棟札(むなふだ)や懸佛(かけぼとけ)、絵馬(えま)など数多くの市指定重要文化財も伝わっています。

樋之上八幡神社の写真

場所

東広島市黒瀬町津江1782

アクセス

山陽自動車道西条インターチェンジから車で約40分

お問い合わせ

文化課 電話番号:082-420-0977

周辺の観光地など

この記事に関するお問い合わせ先

産業部 観光振興課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館8階
電話:082-420-0941
ファックス:082-422-5805
メールでのお問い合わせ