鏡山城跡

更新日:2016年12月01日

中世の山城跡

西条盆地のほぼ中央、鏡山に存在する大規模な中世の山城跡で、平成10(1998)年に国の史跡に指定されています。鏡山城は、山口の大内氏が安芸・備後の拠点と位置づけて築城したもので、造成された郭(くるわ)、急峻な切岸(きりぎし)、堅掘など城の防御遺構も良好に保存されており、山頂付近に残る井戸などともに、戦国時代の山城の姿を今に伝えています。また、麓は鏡山公園として整備されており、桜の名所として知られています。山頂までの登山道も整備されているため、比較的容易に登ることができます。

※平成30年7月豪雨災害により、登山道が通行不可となっています。
(平成30年9月時点)

鏡山城跡の写真

場所

東広島市鏡山2丁目

アクセス

JR山陽本線西条駅から広島大学方面行きのバスで約10分、「鏡山公園入口」バス停下車
山陽自動車道西条インターチェンジから車で約20分

駐車場

あり

お問い合わせ

文化課

電話番号:082-420-0977

周辺の観光地など

この記事に関するお問い合わせ先

産業部 観光振興課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館8階
電話:082-420-0941
ファックス:082-422-5805
メールでのお問い合わせ