本宮八幡神社

更新日:2016年12月01日

県天然記念物の社叢が広がる

本宮八幡神社は、高田郡坂村(現安芸高田市向原町)との境界の宮ヶ峠から移築し、乃美・別府・鍛冶屋・清武・安宿5村の総氏神としたのがはじまりです。現在の拝殿は元禄14(1701)年に本殿として造営されたもので、県重要文化財の紙本墨書大般若経(600巻)など、数多くの文化財が伝わり、境内には県天然記念物の社叢(しゃそう)が広がっています。

本宮八幡神社の写真

場所

東広島市豊栄町乃美214

アクセス

山陽自動車道西条インターチェンジから車で約35分
中国自動車道三次インターチェンジから車で約25分

駐車場

あり

お問い合わせ

本宮八幡神社

電話番号:082-432-2018

周辺の観光地など

とよさか四季菜館、道の駅「湖畔の里福富」

この記事に関するお問い合わせ先

産業部 観光振興課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館8階
電話:082-420-0941
ファックス:082-422-5805
メールでのお問い合わせ