竹林寺

更新日:2016年12月01日

篁山(たかむらやま)にたたずむ国指定重要文化財

標高535メートルの篁山の山頂付近にある寺院で、縁起によると天平2(730)年に行基によって建立されたと伝わっています。本堂は国の重要文化財に指定されており、永正8(1511)年に再建されました。また、木造地蔵菩薩半跏像や護摩堂・十王堂、縁起絵巻など数多くの県・市指定重要文化財が伝わっています。
また、寺付近は竹林寺用倉山県立自然公園に指定されているほか、境内は竹林に囲まれ、春は山ツツジや桜、夏は紫陽花や蓮、秋は銀杏・紅葉などの樹木が訪れる人の目を楽しませてくれます。

※平成30年7月豪雨災害により、観光駐車場から竹林寺までの車道は徒歩での通行となっています。
登山道は現在通行止めとなっています。
(平成30年10月時点)

竹林寺の写真

場所

東広島市河内町入野3103

アクセス

山陽自動車道河内インターチェンジから車で約20分

駐車場

あり(竹林寺手前の展望台)

お問い合わせ

竹林寺

電話番号:082-437-1171

周辺の観光地など

この記事に関するお問い合わせ先

産業部 観光振興課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館8階
電話:082-420-0941
ファックス:082-422-5805
メールでのお問い合わせ