重要文化財 旧木原家住宅

更新日:2016年12月01日

西国で最も古い町家のひとつ

白市にある旧木原家住宅は、江戸時代の初期、寛文5(1665)年に建てられた町家(まちや)で、西国で最も古い町家の1つとして、国の重要文化財に指定されています。建物は切妻造(きりづまづく)り、一部二階建てで、土間(どま)の柱は屋根を直接支える四天柱式構法(してんばしらしきこうほう)と呼ばれるもので、この時期以後では見ることができません。また、建物背後には棟(むね)を張り出させた角屋(つのや)を設け、空間を広げる工夫をしています。元々白山城を築いた平賀氏の一族であったと伝えられる木原家は、江戸時代に酒造業や塩田業などを営み、芸南有数の豪商として活躍しました。木原家関係の文化財は、白市周辺はもちろんのこと、安芸国分寺や円通寺など西条の酒蔵通り周辺にも残されています。

旧木原家住宅の写真

場所

東広島市高屋町白市1046-1

アクセス

山陽自動車道西条インターチェンジ・河内インターチェンジから車で約20分
JR山陽本線白市駅から徒歩約30分

料金

一般150円(団体135円)、18歳以下無料
なお、後期高齢者医療被保険者証・身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けられている方、ならびに、その介添者の方は、無料で入館いただけます。(各手帳等を係員にご提示ください。)

時間

  • 4月~11月
    10時~17時
  • 12月~3月
    10時~16時

休館日

月曜日、年末年始(12月28日から1月5日)

駐車場

あり

お問い合わせ

旧木原家住宅管理棟

電話番号:082-439-2525

周辺の観光地など

白市のまちなみ

この記事に関するお問い合わせ先

産業部 観光振興課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館8階
電話:082-420-0941
ファックス:082-422-5805
メールでのお問い合わせ