第31回東広島市民スポーツ大会(陸上の部)を開催しました

更新日:2019年06月02日

市民スポーツ大会陸上の部の結果

6月2日(日曜日)、東広島運動公園体育館メインアリーナで第31回東広島市民スポーツ大会総合開会式及び陸上の部を開催しました。

選手、応援者を含めて延べ3,000人の市民の皆さんの参加のもと、ストラックアウトや大玉ころがしなど全4種目で熱戦が繰り広げられました。

複数の小学校区が1~3点差でしのぎを削る大混戦のなか、中黒瀬小学校区が陸上の部で初優勝を飾られました。

参加された選手をはじめ、応援に来られた方、そして大会の運営等でご協力いただいた皆様に感謝いたします。

9月22日(日曜日)には球技の部を開催します。皆さんのご参加をお待ちしております。

陸上の部の結果は次のとおりです。

総合開会式

市長

大会会長である東広島市長が「スポーツの楽しさや感動を分かち合い、多くの方々と交流の輪を広げていただきたい」とあいさつ。

風早小学校区の選手が選手宣誓を行いました。

競技開始!

最初の種目はストラックアウト!

気持ちよくプレートを飛ばした選手からは、ガッツポーズと仲間とのハイタッチが見られました。

玉入れ!

今年は通常のかごの上にボーナスかごを設置しました。ボーナスかごに入った玉の数を数える際には、大きな声援が上がっていました。

会場が体育館であったため、例年より選手と観客の距離が近く、より一層大きな声援が飛び交っていました。

最終種目は大玉ころがし!

自分の身長と同じくらいの大玉を器用に操りながら、選手は一生懸命に走っており、この日一番の声援が送られていました。

陸上の部閉会式

坂本実行委員長の閉会挨拶

「スポーツで 地域の復興 みんなの輪」

の大会スローガンのもと、皆様のご参加、ご協力によりたくさんの笑顔が会場に咲きました。

選手の皆様、応援の皆様、競技運営にご支援・ご協力いただきました多くの関係者の皆様、ありがとうございました。

スローガン入賞者の作品紹介

たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。5月16日に審査会を実施し、次のとおり入選作品を決定しました。

応募総数

5,674点

最優秀賞作品(1点)

作品:「スポーツで 地域の復興 みんなの輪」

作者:加登 真由愛(かど まゆあ) 板城小学校6年生

優秀作品(3点)

作品:「スポーツで 広げていこう 笑顔の輪 つないでいこう 復興へ」

作 者: 藤岡 奈乃子(ふじおか なのこ) 八本松中学校3年生

 

作 品:「広げよう 人の和 友の和 地域の輪」

作 者: 垣内 明香里(かきうち あかり) 龍王小学校5年生

 

作 品:「スポーツは 全ての人が 主人公」

作 者: 貞徳 航瑠(さだとく わたる) 豊栄中学校1年生

この記事に関するお問い合わせ先
生涯学習部 スポーツ振興課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 北館2階
電話:082-420-0978
ファックス:082-422-6540
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。
スポーツ,市民スポーツ大会