国民健康保険税とは

更新日:2019年07月05日

国民健康保険税

 国民健康保険税は、基礎課税額(医療保険分)、後期高齢者支援金等課税額(後期高齢者支援金等分)及び介護納付金課税額(介護保険分:40歳以上65歳未満の人のみ)からなっており、それぞれ所得割額、被保険者均等割額、世帯別平等割額を算出し合算します。

納税義務者

 国民健康保険税は世帯主が納税義務者となります。世帯主本人が職場の健康保険に加入している場合や後期高齢者医療制度に移行している場合でも、その世帯に国民健康保険の加入者がいれば、納税通知書や納付書は世帯主宛てに郵送されます。

この記事に関するお問い合わせ先
健康福祉部 国保年金課 国保係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館1階
電話:082-420-0933
ファックス:082-422-0334
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。