肝炎ウイルス検査で陽性と診断されたら

更新日:2017年09月01日

肝炎ウイルス検査で陽性と診断されたら

肝炎ウイルスに感染した場合、気づかないまま慢性肝炎から肝硬変や肝がんを発症する恐れがあります。
感染が分かったら、できるだけ早く肝疾患専門医療機関を受診し、継続して検査・治療を受けることが大切です。
市では、肝疾患コーディネーター資格を持つ保健師が、元気すこやか健診と県の肝炎ウイルス検査事業で見つかったB型、C型肝炎ウイルス検査陽性者に対して、訪問を行っています。肝疾患専門医の紹介や、精密検査の受診勧奨、肝炎健康管理手帳の発行等を行っています。また、肝炎に関するご相談も随時受け付けています。

詳細については、次のファイルをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先
健康福祉部 健康増進課 健康支援係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館2階
電話:082-420-0936
ファックス:082-422‐2416
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
肝炎,ウイルス,健診,元気,すこやか,陽性,B,C