妊婦歯科健診

更新日:2016年12月01日

妊婦歯科健診を受けましょう

 妊娠期間中は、ホルモンバランスの変化・つわりによる口の清掃低下・好みの変化などにより、虫歯になりやすく歯周病が悪化しやすくなります。
 進行した歯周病の場合、早産や低体重児出産の確率が5~7倍になると言われています。また、赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいませんが、虫歯菌の6割は一番近くにいるお母さんからうつると言われています。
 このことから、お母さん自身の体、そして生まれてくるお子さんのためにも安定期に入ったら妊婦歯科健診(無料)を受けましょう。

 妊娠期間中に1回、市内の指定医療機関において無料で歯科健診が受けられます。母子健康手帳別冊受診券セットの「妊婦歯科健康診査受診票」(オレンジ色)を使って受診してください。

対象

東広島市に住民登録をされている妊婦の方

実施場所

東広島市内の妊婦歯科健診協力歯科医院(一覧参照)
すべての医療機関で予約が必要となります。

実施内容

う蝕・歯石・歯周の検査を行います。
健診の結果から治療が必要な場合は保険診療となりますので、治療の費用は有料となります。

この記事に関するお問い合わせ先
こども未来部 こども家庭課 母子保健係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館2階
電話:082-420-0407
ファックス:082-424-1678
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。