麻しん(はしか)患者が新たに発生しました

更新日:2019年06月18日

麻しん患者の発生について

令和元年6月16日(日曜日)、東広島市内の医療機関から県西部東保健所へ、発熱、結膜充血、発疹等を訴えて受診した患者について、麻しんの疑いがある旨の届出があり、検査を実施したところ、6月17日(月曜日)、麻しんであることが確定しました。

詳細は、次のリンク先をご覧ください。

麻しん患者との接触可能性のある皆様へ

  • 症状から「麻しん」が疑われる場合、必ず事前に医療機関に連絡の上、速やかに受診してください。
  • 受診の際は、周囲の方へ感染させないよう公共交通機関等の利用を避けてください。

麻しんの症状について

  • 感染すると、約10日後に38℃程度の発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が2~4日続き、その後39℃以上の高熱と共に発疹が出現します。
  • 感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、感染力は非常に強いと言われています。
  • 麻しんにかかったことがある方は、感染の心配はありません。
  • 麻しん含有ワクチンを1才以上で2回接種したことのある方は、発症の可能性は極めて低いです。
この記事に関するお問い合わせ先
健康福祉部 健康増進課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館2階
電話:082-420-0936
ファックス:082-422‐2416
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。
東広島市内で麻しん(はしか)患者が発生しましたので、お知らせします。