風しんの抗体検査および予防接種

更新日:2019年04月23日

風しんの抗体検査および予防接種

概要

風しんの予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。
しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性は、抗体保有率が他の世代に比べて低く(約80%)なっています。

そのため、2022年3月31日までの期間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性を風しんの定期接種の対象者とし、クーポン券をお届けします。

対象者には、お届けするクーポン券を利用して、まず抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、十分な量の抗体がない人は、定期接種の対象となります。

抗体検査・予防接種までの流れ

  1. クーポン券が郵送される(平成31年4月23日郵送)
     
  2. 実施している医療機関を確認する(厚生労働省のホームページ)
     
  3. 事前に電話予約等で申し込む
     
  4. 風しんの抗体検査を受検する
    ※クーポン券と運転免許証等の現住所の確認ができるものをご持参ください。
     
  5. 抗体検査の結果を受け取る

    6-1.抗体価が基準値未満だった場合
    (事前予約の後に)予防接種を受ける
    ※クーポン券と運転免許証等の現住所の確認ができるものをご持参ください。

    6-2.抗体価が基準値以上だった場合
    この制度を利用して予防接種を受けることができません。
    予防接種を受けたい場合は、全額自己負担での接種となります。

対象者

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性

この世代は、過去の風しんの予防接種制度で1回も接種していない世代です。

クーポン券

対象者の人へは、平成31年4月23日にクーポン券を郵送しています。
このクーポン券は、抗体検査と予防接種の両方に必要ですので、紛失に留意してください。

転入等でクーポン券が届いていない人は、お問い合わせください。

接種料金

接種料金は、抗体検査および予防接種ともに無料です。
※医療機関へクーポン券をご持参ください。

接種期間

今年度の接種期間は、クーポン券の到着から令和2年3月31日までです。
※事前に医療機関へ電話等でご予約ください。

接種に必要なもの

  • クーポン券
  • 運転免許証等の現住所が確認できるもの

接種時の注意

多くの医療機関では、ワクチンの在庫の都合等があるため、事前に電話予約等で申し込んでください。

接種できる医療機関

全国の協力医療機関で接種できます。
詳細は、次のリンク先をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先
健康福祉部 健康増進課 保健総務係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館2階
電話:082-420-0936
ファックス:082-422‐2416
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。
風しん,抗体検査,予防接種,風疹,助成