中東呼吸器症候群(MERS)について

更新日:2016年12月01日

中東呼吸器症候群(MERS)について

韓国において中東呼吸器症候群(MERS:マーズ)が感染拡大しており、我が国にとっても重大な関心事となっています。

具体的な病気、感染経路、症状等につきましては、下記の関連情報のホームページやファイルをご参照ください。

市民の皆様へ協力のお願い

次の1.~3.の全てに該当する方は、電話で、広島県西部東保健所(082-422-6911)にご相談ください。

絶対に、直接、医療機関を受診しないでください。

  1. 発熱や咳(せき)などの呼吸器症状がある。
  2. 韓国から入国・帰国後14日以内に、1.の症状があらわれた。
  3. 韓国に滞在している間に、医療機関を訪れた(お見舞い・介護等を含む)。

相談窓口

広島県西部東保健所 保健課

電話番号 082-422-6911

この記事に関するお問い合わせ先
健康福祉部 健康増進課 保健総務係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館2階
電話:082-420-0936
ファックス:082-422‐2416
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。