高齢者割引乗車券(高齢者移送サービス事業)

更新日:2019年05月01日

平成31年4月1日から「高齢者割引乗車券」(※)がバスで使えるようになりました。

※平成31年4月1日から「高齢者タクシー割引乗車券」は「高齢者割引乗車券」に名称が変わりました。

交付要件

以下の要件を全て満たしていること。

交付要件
住所 東広島市内に住所を有するもの
本人の年齢 70歳以上
世帯の状況

ひとり暮らし又は高齢者等世帯
※高齢者等世帯:世帯員全員が次のいずれかに該当するものである世帯
(1)65歳以上の者
(2)18歳未満の者
(3)身体障害者手帳などの交付を受けた18歳以上65歳未満の者であって、自ら自動車を運転することができない者(障害者手帳の級によっては対象とならない場合があります)
(4)40歳以上65歳未満の要介護者等であって、自ら運転することができない者

市民税 世帯員全員が市民税非課税であること
その他 在宅で生活していること

 

交付枚数

1枚100円の割引乗車券を1年間に100枚交付します。

ご利用方法

・割引乗車券にお名前が記載されている方のみ使用できます。第三者に譲渡したり、不正に使用した場合は無効になります。
・使用の際は、必ず氏名、年齢の確認できるもの(介護保険被保険者証・健康保険証等)を所持し、確認を求められたときは提示してください。
・乗車料金が100円を超えるごとに1枚使用できます。
・回数券や他の割引と併用される場合、差引額の100円未満の部分について割引乗車券の利用はできません。
・乗車地、降車地のいずれかが東広島市内である場合に使用できます。
・紛失等による再交付はできません。

<タクシーで使用する場合>

1回の乗車につき10枚(1,000円分)まで使用できます。
※福祉助成券のタクシー券と併用する場合も1回の乗車につき合わせて1,000円まで使用できます。

タクシーに乗車するときに、乗務員に割引乗車券が使用できるか確認してください。
割引乗車券はタクシーから降りるときに乗務員に渡し、残りの運賃を現金でお支払いください。

<バスで使用する場合>

1回の乗車につき2枚(200円分)まで使用できます。

・PASPYやICOCA等のICカードとの併用はできません。
・介助者の方が同乗する場合、介助者の方の乗車料金については別途ご負担下さい。
・予約制の高速バスにはご利用できません。

バスから降りるとき、乗務員に割引乗車券を利用する旨を伝えた後、割引乗車券を運賃箱へ入れ、残りの運賃を現金でお支払いください。

申請手続き

申請書を地域包括ケア推進課または各支所担当課もしくは各出張所に提出してください。
申請には印鑑が必要です。
東広島市へ転入された方は、前住所地での所得の確認ができる証明書が必要となる場合があります。詳しくはお問い合わせください。
 

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 地域包括ケア推進課 高齢福祉係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館2階
電話:082-420-0984
ファックス:082-426-3117
メールでのお問い合わせ

このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。