軽度生活援助サービス

更新日:2016年12月01日

事業概要

 おおむね65歳以上のひとり暮らしや高齢者のみの世帯に該当する人を対象に、樹木の剪定、草刈り、掃除等のホームヘルパーの援助では行えない軽作業を行います。なお、サービスの対象範囲は、日常生活を安全・衛生的に保つ範囲に限られます。

対象者

 在宅で、市内に住所を有するおおむね65歳以上のひとり暮らし高齢者、高齢者のみの世帯、これに準ずる世帯に属する高齢者であって、日常生活において、本人及び家族が障害や疾病などにより、必要とするサービスが自分で行えないことが条件となります。

委託先

 公益社団法人 東広島市シルバー人材センター

利用者負担

 利用者負担=(作業単価+事務費)×作業時間又は件数×1割

 事務費=作業単価×1割

 原材料費及び交通費等の実費は、全額自己負担になります。

サービス内容

 次のサービスのうち、日常生活の範囲内で必要と認められるものとします。

  1. 草刈り
  2. 樹木の剪定
  3. 樹木の伐採
  4. 掃除
  5. 衣類等の整理
  6. 障子の張替え
  7. 網戸の張替え
  8. ふすまの張替え

 除草と消毒剤散布はサービスの対象となりません。

利用回数の上限

利用回数の上限
サービス 年度内の上限 1回あたりの上限 時間の計算方法
草刈り・掃除 各2回まで 10時間まで 2人で1時間の作業は、2時間と計上
樹木の剪定・伐採 各1回 10時間まで 2人で1時間の作業は、2時間と計上
衣類等の整理 2回まで 5時間まで 2人で1時間の作業は、2時間と計上
障子・網戸・ふすまの張替え 各1回    

 回数や時間が限度を超える場合は、実費となります。

 高齢者世帯の場合、それぞれが年度内の上限まで利用できます。

注意事項

  1. サービスの範囲は、日常の生活動作範囲内で支障となる部分となるため、例えば、樹木の剪定でも、日常生活の動作の範囲内(安全・衛生の確保に必要な範囲、通行するために支障があるなど)であれば対象となるが、美観を保つための作業は軽度生活援助サービスの対象外となります。
  2. 希望するサービスが軽度生活援助事業の対象となるかの判断が難しい場合は、地域包括ケア推進課までお問い合わせください。

申請について

介護保険サービスを利用していない人は、地域包括ケア推進課、各支所担当課、地域包括支援センター、高齢者相談センターまで直接ご相談ください。

要支援・要介護認定を受けてサービスを利用している人は、サービス計画作成に携わっている地域包括支援センターや居宅介護支援事業所にご相談ください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 地域包括ケア推進課 高齢福祉係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館2階
電話:082-420-0984
ファックス:082-426-3117
メールでのお問い合わせ

このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。