オレンジマップ~東広島市認知症社会資源マップ~

新着情報

東広島市では、『認知症になっても安心して自分らしく住み続けられるまち・東広島市』」を目指し、平成22年度に地域包括支援センター保健師が中心となって、市内の医療機関、介護保険事業所、有識者等に呼びかけ、認知症支援の輪をつなぐ「オレンジ交流会」を立ち上げました。

このオレンジ交流会の取り組みのひとつとして、地域で認知症支援を行う医療機関や介護・福祉関係事業所、相談窓口等の情報を「オレンジマップ~東広島市認知症地域資源マップ~」として、認知症に悩んでおられる方、認知症の家族を介護されている方、また将来認知症にかかるのではと不安に感じられている方等の一助になれば幸いです。ぜひご活用ください。

このリーフレットは、高齢者支援課、地域包括支援センター、高齢者相談センターの窓口で配布しています。