空き巣等の犯罪にご注意ください

更新日:2018年07月09日

災害時は、住民不在の住宅が多くなり、また混乱状態になることから、空き巣などの犯罪に注意が必要です。

想定される犯罪

空き巣・窃盗

・住人が不在になった住宅への侵入・窃盗
・放置された車、バイク、自転車、農機具などの窃盗
・お店などでは、商品等の窃盗
復旧作業では、ボランティア等を装って家の中に入り込む手口も見られます。
作業服や制服等を着ているだけで相手を信用せず、ボランティアの証明書などで身元を確認することが大切です。

詐欺・架空請求

・保険会社などを装った詐欺・架空請求
・架空の募金行為
・代引き等で注文していない品物を送り付ける詐欺
・警察官、行政職員、電力会社等を騙る詐欺

この記事に関するお問い合わせ先

政策企画部 広報戦略課
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館5階
電話:082-420-0919
ファックス:082-422-1395
メールでのお問い合わせ

このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。
災害,犯罪,空き巣,詐欺