眠った食品、捨てられる食品 集めて支援につなげよう 期間限定!フードバンク事業実施

更新日:2018年09月28日

まだ食べられるのに捨てられてしまう食品、いわゆる「食品ロス」が多く発生していることを知っていますか?

食品ロスの発生は、もったいないことであり、ごみの増加にもつながります。

食品ロスを出さないために、捨てられる前にみなさんから食品を集め、食品を必要とされている福祉施設などに寄贈するフードバンク事業を実施します。

実施主体・協賛

主催:東広島市(廃棄物対策課、地域づくり推進課)

協賛:社会福祉法人東広島市社会福祉協議会

集める食品

家庭にある、食べる見込みがない食品や余っている食品

事業所にある、まだ食べられるけど販売できない食品や不要となった防災備蓄品

 例えば・・・

穀類

穀類

保存食品

保存食品

乾燥物

乾燥物

インスタント食品

インスタント食品

飲料

飲料

お菓子

お菓子

調味料

            調味料

回収する食品は、次の要件全てに該当するものです。

  • 生鮮食品、酒類以外のもの(白米・玄米・胚芽米(平成29、30年度産に限る)、みりん、料理酒は回収します)
  • 未開封のもの
  • 常温保存できるもの
  • 日本語で食品表示があり、食品提供日から賞味期限まで1か月以上あるもの
  • 包装や外装を他のものに移し替えていないもの
  • 家庭にあるものについては、包装や外装が破損していないもの
  • 事業所については、食品の品質や安全性に悪影響がないもの(包装等が破損したものでもよい)

食品の提供方法

家庭にある食品を提供していただく場合

第20回東広島健康福祉まつりのブースへ持参してください。

日時:平成30年11月3日(土曜日)、4日(日曜日) 10時から15時30分まで

場所:東広島市総合福祉センター(西条町土与丸1108番地)

事業所にある食品を提供していただく場合

東広島市役所廃棄物対策課窓口へ持参してください。

日時:平成30年11月1日(木曜日)、2日(金曜日) 8時30分から17時15分まで

場所:東広島市廃棄物対策課(西条栄町8番29号 本館1階)

集まった食品は福祉施設などに寄贈します

ご提供いただいた食品は、東広島市社会福祉協議会と協同で、生活困窮などの理由により食品を必要とされている方の支援を行う市内の福祉施設などに寄贈します。

この記事に関するお問い合わせ先
生活環境部 廃棄物対策課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館1階
電話:082-420-0926
ファックス:082-426-3115
メールでのお問い合わせ