お庭の剪定枝を資源化しませんか

更新日:2018年01月26日

剪定枝粉砕処理車(タウンビーバー)を派遣します

東広島市では家庭等から年間約1300トンもの剪定枝が排出されます。この剪定枝を粉砕処理する剪定枝粉砕処理車を地域からの依頼に応じて派遣し、チップ化することでお庭の防草材や園芸用資材等として再利用を促進していきます。粉砕処理後のチップは希望に応じてお渡ししますので、申し込み時にご遠慮なくお申し出ください。

タウンビーバー車体

剪定枝粉砕処理車(タウンビーバー)の写真

派遣対象

近隣の複数世帯、その他市民で構成される団体等

申し込み手順

手順1、地域で話し合い、次の4点を決めておく。

  • 処理希望日時(2~3候補日時)※先約があることもあります。
  • 代表の方の氏名と連絡先
  • 処理する場所(剪定枝の収集場所)
  • 処理後のチップが必要か、不要か(必要な場合はその量※当日はチップを入れる袋等をご用意ください。)
粉砕チップ

粉砕したチップについて

剪定したチップは花壇や畑にすきこむことで肥料として利用したり、10センチ程度の厚さで敷きつめることで防草効果が期待できます。

手順2、シルバー人材センターへ電話し、手順1で決めた内容を伝える。(日程調整がつけば作業日を決定。)

手順3、決定した日時を、地域の皆さんへ伝達する。

手順4、各世帯で剪定作業をし、手順1で決めた収集場所へ剪定枝を自分で運搬する。

剪定枝

注意事項

・剪定枝粉砕処理車で粉砕できる剪定枝の太さは直径8センチまでです。

・木の根などの枝が大きく広がっているものは出せません。

・竹は出せません。

・剪定枝は長さ1メートル程度に切っておいてください。

手順5、当日、シルバー人材センターの作業員が粉砕作業を実施。

タウンビーバー作業風景2
タウンビーバー作業風景

手順6、粉砕処理されたチップを引き取る。※不要な場合はシルバー人材センターが持ち帰ります。 

粉砕したチップの持ち帰りについて

粉砕したチップのお持ち帰りをご希望の場合は、粉砕したチップを入れる袋又は箱をご準備ください。

申込先

公益社団法人東広島市シルバー人材センター(082-426-4683)

注意事項

  • 剪定枝粉砕処理車の派遣は無料です。
  • 1世帯への派遣はできません。
  • 事業活動に伴って生じたもの、剪定業者が伐採したものは対象外となります。
  • 各世帯から出た剪定枝を地域で1か所に集めておいてください。その場所で粉砕処理をしますので、処理車を駐車し、安全に作業できるスペース(集会所駐車場や空き地など)を確保していただく必要があります。また、公道上での作業は危険なためできません。
剪定枝粉砕処理車の車体寸法について

【参考】剪定枝粉砕処理車の車体寸法

この記事に関するお問い合わせ先
生活環境部 廃棄物対策課 廃棄物係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館1階
電話:082-420-0926
ファックス:082-426-3115
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。
リサイクル,枝木,破砕,車両,タウンビーバー