【受付期限あります】堆積土砂等の撤去について

更新日:2019年03月08日

平成30年7月豪雨により居住地内に流入した土砂撤去(人力では撤去が困難なもの)について、次の制度があります。

1. 損壊した市内の被災建築物等や居住地に流入した災害廃棄物及び堆積土砂を市が撤去

2. 市が撤去する前に所有者で撤去した場合は市が費用負担

受付期限

堆積土砂等の撤去に関する受付を2019年5月31日をもって終了します。

対象となる方で制度の利用を希望される場合は、早めに手続きを行ってください。

(手続きの詳細については、都市部土砂撤去推進室にお問い合わせください。)

制度の内容

市が撤去する場合

損壊した市内の被災建築物等や居住地に流入した災害廃棄物及び堆積土砂を市が機械で撤去するもの。

建物の解体及び撤去

り災証明書に記載の被害状況が全壊、大規模半壊又は半壊の認定を受けたもの

居住地に流入した災害廃棄物、土砂、流木等の撤去

居住地内に流入した災害廃棄物、流木及び土砂等。

所有者で撤去した場合

損壊した市内の被災建築物等や居住地に流入した災害廃棄物及び堆積土砂を、所有者で撤去した場合に、負担した撤去費用等を市が負担するもの。

建物の解体及び撤去費用

り災証明書に記載の被害状況が全壊、大規模半壊又は半壊の認定を受けたものの撤去費用等。

居住地に流入した災害廃棄物、土砂、流木等の撤去費用

居住地内に流入した災害廃棄物、流木及び土砂等の撤去費用等。

注意事項

1. 負担された撤去費用等の全額を市が負担できない場合があります。

2. 施工業者との契約関係書類(見積書、請求書等)と処理の状況がわかる写真が必要となりますので、保管しておいてください。 

問い合わせ先

都市部土砂撤去推進室 (082)426-3119

この記事に関するお問い合わせ先
生活環境部 廃棄物対策課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館1階
電話:082-420-0926
ファックス:082-426-3115
メールでのお問い合わせ