排水設備を作りましょう(公共下水道、農業集落排水への接続など)

更新日:2016年12月01日

公共下水道が整備されると、供用開始の日(下水道が使用できる日)から6か月以内に排水設備工事を、またくみ取り便所は3年以内に水洗便所に改造することが義務づけられていますので、1日も早く公共下水道に接続し水洗化されますことをお願いいたします。
供用開始されている区域は、下記リンク「公共下水道の供用開始区域のお知らせ」(下水道管理課)で確認できます。

なお、農業集落排水の整備が済んでいる家屋等についても早期の接続をお願いいたします。

農業集落排水事業について、詳しくは以下の「農業集落排水事業」をご覧ください。

これらの工事の受付は下水道施設課普及係で行っています。

排水設備とは

台所、風呂、便所などの汚水を公共ますまで流すための施設のことをいいます。

排水設備のイラスト

排水設備の工事は指定工事店で

排水設備を設置し公共下水道、農業集落排水施設に接続する工事や、すでに接続している設備をリフォーム等で変更する工事を行うときは、あらかじめ市に届出が必要です。またこれらの工事は必ず市が指定した「指定工事店」へお申し込みください。
工事はこの「指定工事店」以外ではできませんので注意してください。

なお、指定工事店に心当たりのない方は、東広島市指定水道工事業協同組合(電話番号 082-422-4181)または東広島市管工事協同組合(電話番号 0823-82-8333)で紹介しております。
「指定工事店」は、基準に合った完全な設備をつくるために必要な知識、技術を習得しているほか、市に提出する必要書類の作成、届出などの手続きをお手伝いいたします。お気軽にご相談ください。

排水設備工事の依頼の手順の画像

排水設備工事の費用

工事費は、家屋や敷地の形状、便器の種類、数によって異なりますので指定工事店に相談し確認してください。
この工事費は自己負担となります。市は工事費の貸付制度(下記リンク「水洗便所改造資金貸付制度について」参照)を設けていますのでご相談ください。

なお、平成30年4月1日から制度を一部改正しました。内容については以下のリンク「水洗便所改造資金貸付制度を改正しました」をご覧ください。

公共下水道に接続したら

下記のページを参考にしてください。

下水道使用料、公共下水道受益者負担金については以下のリンク「下水道管理課」をご覧ください。

関係する法令等

下水道法
東広島市公共下水道条例

この記事に関するお問い合わせ先

下水道部 下水道施設課 普及係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館7階
電話:082-420-0403
ファックス:082-420-0404
メールでのお問い合わせ

このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。