太陽光発電設備は償却資産として課税対象となりますか?

更新日:2019年05月01日

 太陽光発電設備を遊休地や家屋の屋根等に設置し、電力を売電している場合は固定資産税(償却資産)の課税対象となり、申告が必要な場合があります。ただし、家屋の屋根材として設置された建材型ソーラーパネルについては、固定資産税のうち家屋の課税対象となりますので、申告の必要はありません。詳しくは資産税課までお問い合わせください。

1 申告方法

 償却資産申告書及び償却資産種類別明細書をご記入の上、ご提出ください。記入方法や様式は次のページをご確認ください。

この記事に関するお問い合わせ先
財務部 資産税課 家屋係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館5階
電話:082-420-0911
ファックス:082-420-0430
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。