伐採及び伐採後の造林の届出制度について

更新日:2019年05月01日

森林内の立木を伐採するときには届出が必要です

森林内の立木を伐採する場合、その目的、樹種、面積、主伐・間伐の別を問わず、事前の届出が必要です。
(ただし、林地開発の許可を受けた森林を伐採する場合は届出の必要はありません。また、森林経営計画に基づく伐採の場合には、事後の届出が必要となります。)

高速道路の沿線で伐採行為等を行われる皆様へ

対象森林

広島県が定める地域森林計画の対象となっている民有林(保安林及び保安林施設地区を除く)です。
対象森林については、地番等により調べることが可能ですので、農林水産課までお問合せください。

届出人

森林所有者など立木の伐採について権限を持つ者です。

※森林所有者と伐採する者が異なる場合は連名での提出をお願いします。

例)

  • 森林所有者(自分で伐採する場合や請負による伐採の場合)
  • 森林所有者と伐採する者が異なる場合(送電線との隔離確保のため等)
  • 伐採する者と伐採後の造林に係る権限を有するものの連名(伐採する者が当該権原を有していない場合)
  • 森林所有者から伐採者に対して、伐採の承諾及び造林の委任がなされている書面が添付され、伐採者が伐採と造林の権限を有することが証明できる場合においては、伐採者単体での届出が可能。

届出の時期

(事前)伐採及び伐採後の造林の届出書:

伐採を開始する90日から30日前まで

(事後)伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書:

造林の期間(転用の場合は、伐採の期間)の末日から30 日以内

提出書類

○伐採及び伐採後の造林の届出書

  • 伐採及び伐採後の造林の届出書
  • 位置図(当該森林の位置がわかるもの)
  • 森林所有者との関係がわかる書類(届出人が森林所有者以外の場合)
  • その他(平面図及び伐採区域の面積がわかる資料が必要となる場合があります。)

○伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書

  • 伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書
  • 更新状況を明らかにする資料(更新調査の結果、造林地の写真等)

対象民有林の伐採に係る手続き

様式等のダウンロードはこちらから

届出様式
様式 word PDF 記載例
伐採及び伐採後の造林の届出書 〇(ワード:23.3KB) 〇(PDF:106KB)

〇(PDF:206KB)

伐採及び伐採後の造林の届出書(連名) 〇(ワード:23.4KB) 〇(PDF:106.1KB) 〇(PDF:206KB)
伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書 〇(ワード:16.5KB) 〇(PDF:82.5KB) 〇(PDF:149.1KB)

 

伐採届チラシ

リンク

この記事に関するお問い合わせ先

産業部 農林水産課 生産基盤整備係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館8階
電話:082-420-0939
ファックス:082-422-5144
メールでのお問い合わせ

このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。