農地改良時の届出について

更新日:2016年12月01日

農地改良時には届出が必要です

経緯

 国は平成21年12月に、わが国の農地が抱えている課題を解決するために新たな農地制度として「農地法等の一部を改正する法律」を施行しました。
 この大改正の柱は、「これ以上の農地の減少を食い止め、農地を確保すること」と「農地を最大限に利用すること」です。
 農業委員会では、食料の安定供給を図るための重要な生産基盤である「農地」を守る目的から農地改良についての「農地改良に関する取扱い要領」を定め、事前の届出を義務付けることとしました。

届出書の提出先

東広島市農業委員会事務局

施行の日

平成22年6月1日

ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先
農業委員会 農業委員会事務局 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館8階
電話:082-420-0972
ファックス:082-423-5451
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。