平成29年度第2回ひがしひろしま創業塾の開催

更新日:2017年12月21日

「ひがしひろしま創業塾」とは

新産業創出の担い手となるチャレンジ精神を持った人材を育成することを目的として、平成15年から広島大学・東広島商工会議所と共同で開催しており、独創性のある技術やアイデアで創業しようとする方や創業後間もない方を対象に経営に必要な知識の習得やビジネスプラン作成実習などを通じて、創業に必要なノウハウを学んでいただく講座です。

平成29年度第1回までの受講者数:799名(全22回)

開催概要

開催日:平成30年1月27日(土曜日)、2月3日(土曜日)、2月10日(土曜日)、2月17日(土曜日)

会場:賀茂泉館4階 泉ホール(東広島市西条本町12-5)

対象:創業に興味がある方、創業を目指している方、創業後間もない方

定員:40人

参加費:無料(交流会参加の場合1,000円(予定))

その他:全12講座のうち、8講座以上受講した方には、修了証書を授与します。

プログラム(全12講座):

  • 創業成功のポイント
  • ビジネスプランとは何か
  • ビジネスプラン作成実習
  • アイデアを考える:スタート、デザイン思考プロセス!
  • 創業者のための経営戦略
  • 顧客開拓・販路開拓とは
  • マーケティングとは
  • 資金繰りと資金調達
  • 初めての人にもわかる会社設立手順
  • 企業会計の基礎知識
  • 商工会議所の経営支援事業
  • 創業事例紹介

※「ひがしひろしま創業塾」は特定創業支援事業です。

※講義の日程については、開催チラシをご確認ください。

平成29年度第2回ひがしひろしま創業塾開催チラシ(PDF:421.9KB)

申込方法

以下のいずれかの方法により、平成30年1月26日(金曜日)までにお申し込みください。

(1)ファックスによる申込

開催チラシ裏面等に、必要事項をご記入のうえ、082-493-7981まで送信ください。

(2)E-mailによる申込

件名を「ひがしひろしま創業塾 参加希望」とし、住所、氏名(よみがな)、電話番号、E-mailアドレスを開催チラシ記載のE-mailアドレスまで送信ください。

(3)電子申請による申込

電子申請専用ページ(外部ページ)から、必要事項を入力のうえ、お申し込みください。

特定創業支援事業とは

本市では、創業を目指す方への支援強化を図るため、平成26年1月20日に施行された「産業競争力強化法」に基づく「創業支援事業計画」を策定し、同年8月31日付けで国の認定を受けました。
この計画に基づいて市や創業支援事業者が実施する「特定創業支援事業」による支援を受けた方(セミナー等に参加した方)は、市が交付する証明書により、以下のような創業時のメリットを受けることができます。

(1)東広島市内において会社を設立する際の登録免許税の軽減

株式会社または合同会社は、資本金の0.7%が0.35%に減免(株式会社の最低税額15万円の場合は7.5万円、合同会社の最低税額6万円の場合は3万円の減免)。合名会社または合資会社は、1件につき6万円の登録免許税が3万円に減免。
※他の市区町村で創業または会社を設立する場合には、登録免許税の減免を受けることができません。

(2)無担保、第三者保証人なしの創業関連保証の枠が1,000万円から1,500万円に拡充

(3)創業2カ月前から対象となる創業関連保証が事業開始6ヵ月前から対象

(4)日本政策金融公庫新創業融資制度の自己資金要件充足

「ひがしひろしま創業塾」全12回の講義のうち8講義以上出席し、かつ特定創業支援事業の項目の「経営」「財務」「販路開拓」「人材育成」の4項目全て履修された方は、証明書を取得することができます。

東広島市創業支援ガイドブック(平成29年3月発行)(PDF:6.9MB)

この記事に関するお問い合わせ先
産業部 産業振興課 新産業創出係
〒739-0043 
東広島市西条西本町28-6サンスクエア東広島3F
電話:082-493-8181
ファックス:082-493-7981
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんので、ご了承ください。また、暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。