旅館業に関する届出

更新日:2018年06月29日

旅館業を始める人へ

営業施設は、「設置場所等の基準」及び「構造設備基準」に適合しなければなりません。

施設の確認検査を営業開始前に行いますので、おおむね営業開始予定日の20日程度前までに申請してください。
申請手数料(平成29年4月1日改正)22,000円

申請に必要な書類の詳細
図面

・平面図:各階のもの
寸法を記載(内寸で記載)玄関帳場、玄関広間、食堂、厨房、入浴設備、洗面設備、便所、客室(踏込・押入等、窓)

・配置図:敷地内における建物・関係設備の配置がわかるもの

・その他:立面図の添付が望ましい。
なお、必要に応じて所要の図面等を求める場合があります。(例:循環式浴槽では給排水フロー図、ボイラー、ろ過器、消毒設備等の仕様書等)

付近見取り図 施設の敷地の周囲100メートル以内の状況が詳細にわかるもの(周囲200メートル程度が望ましい。)
(学校・公共施設・福祉関係施設等(旅館業法3条3項関係施設)からの距離を記入すること。)
玄関帳場
(フロント)の構造図
正面図・側面図・断面図(矩形図)

定款又は寄附行為の写し
法人による申請の場合
申立書 (事務取扱要領)形態、構造設備等を勘案し、添付を不要とする場合がある。
誓約書 (事務取扱要領)形態、構造設備等を勘案し、添付を不要とする場合がある。

申請施設が既設の場合(名義変更等)

申請時に次の書類も添付

申請施設が既設の場合の必要な書類
消防法令適合通知書 関係消防機関により交付されたもの
検査済証又は仮使用承認通知書の写し 建築基準法の規定によるもの(規模・構造により確認検査を必要としない場合がある。)

申請書等のダウンロード

申請書等の一覧
申請書名称 説明
旅館業をはじめられる方へ(説明書)(ワード:54.5KB) 旅館業をはじめられる方への説明書です。
旅館業営業許可申請書(ワード:207.5KB) 旅館の営業を開始する場合に必要です。
(地位承継以外の営業者の変更も新規手続きが必要です。)
しゅん工届(ワード:20.5KB) 新築の旅館で営業を開始する場合に必要です。
申請書記載事項変更・廃止届(ワード:22.5KB)

許可申請の記載事項を変更する場合に必要です。
(住所、代表者の変更、施設の名称変更、施設の構造の変更等)
施設の大幅な変更を行う場合は、あらかじめ環境対策課にご相談下さい。
旅館を廃止する場合に必要です。

旅館業営業承継承認申請書(合併・分割)(ワード:80.8KB)

法人の合併・分割により、地位を承継した場合に必要です。

旅館業承継承認申請書(相続)(ワード:71.5KB)

相続により、地位を承継した場合に必要です。
この記事に関するお問い合わせ先
生活環境部 環境対策課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館1階
電話:082-420-0928
ファックス:082-421-5601
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。