出産・育児サポートセンターすくすく “すくすくサポート"

更新日:2017年08月31日

すくすくサポート看板

平成28年4月から、こども家庭課内に出産・育児サポートセンターすくすく(愛称“すくすくサポート”)を開設しました。


“すくすくサポート”では、保健師や助産師の資格を持つ母子保健コーディネーターが、妊娠期から子育て期にわたり、安心して子育てができるようにサポートを行います。

すくすくサポ―トの紹介はこちら(PDF:194.8KB)

母子保健事業の紹介はこちら(PDF:1014.7KB)

 

”すくすくサポート“ってどんなことをしているの?

1.母子健康手帳の交付

母子保健コーディネーター、または保健師・助産師の有資格者が、面談をしながらお渡しします。一緒に妊娠・出産・子育てをイメージしていきましょう。

※母子健康手帳の交付のご案内はこちら

 

2.産前・産後サポート事業

身近に相談できる人、出産・子育てについて支援してくれる人がいない妊産婦さんに対して、困りごとなどを聞きながら生活上のサポートをします。(育児や出産準備ほか)

※産前・産後サポート事業のご案内はこちら

 

3.マタニティ教室・パパママ教室・ワーキングマタニティ教室・ マタニティクッキング

みんなで一緒に学びながら、楽しいマタニティライフを過ごしましょう。参加お待ちしています。

※マタニティ教室のご案内はこちら

※パパママ教室のご案内はこちら

※ワーキングマタニティ教室のご案内はこちら

※マタニティクッキングのご案内はこちら

 

4.妊娠期~子育て期の窓口や電話、家庭訪問でのご相談

  • 妊娠・出産・育児の疑問や質問
  • お母さんの体と心の相談
  • きょうだいの関わりについての相談
  • お父さんの子育て相談 など

すくすくサポート 子育てほっとライン

相談専用電話番号は、082‐426‐5113です。

 

お気軽に窓口、お電話でご相談ください。ご希望の方は、家庭訪問もできます。

ご相談の対応時間は、平日8時30分から17時15分までです。

 

5.産後ケア事業

(1)日帰り型産後ケア事業

お母さんの育児についての心配や疲れをリセットするために、ホテルのお部屋で1日ゆっくりと相談や休息ができます。

※日帰り型産後ケア事業のご案内はこちら

 

(2)宿泊型産後ケア事業

お母さんが自信をもって赤ちゃんと一緒に生活を送れるようにサポートします。宿泊でゆっくり心身のケアを受けることができます。

※宿泊型産後ケア事業のご案内はこちらから

 

6.授乳のご相談

市役所内の個室や授乳室で、授乳に関する相談を受けています。

 

  • 母乳は足りてる?
  • どうやってミルクを補足するのかわからない
  • 赤ちゃんの体重は増えているのかな?
  • なかなかおっぱいやミルクを上手に飲んでくれない
  • おっぱいの様子は大丈夫かな? など

 

お気軽に窓口、お電話でご相談ください。

 

7.産後のママのリフレッシュ講座

産後のお母さんの体の不調を改善するための講座を開催しています。

(1)対象者

産後1か月健診後~産後6か月までのお母さん(赤ちゃんと一緒に受講できます)

(2)開催場所、日程、時間など

詳しくは、広報ひがしひろしま、お電話、窓口でご案内します。

お気軽にお問い合わせください。

※産後のママのリフレッシュ講座を受けた方の声を紹介します(PDF:938.5KB)

 

8. 産婦健康診査(産後2週間・産後1か月)

東広島市では平成29年4月1日から出産後のお母さんの体調や、授乳・育児の状況を確認するために、産婦健康診査(産婦健診)を開始しています。

※産婦健康診査のご案内はこちら

 

この記事に関するお問い合わせ先

こども未来部 こども家庭課 出産・育児サポートセンター「すくすくサポート」 
〒739-8601
広島県東広島市西条栄町8番29号
電話:082-420-0407
ファックス:082-424-1678

このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんので、ご了承ください。また、暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。