消火器の廃棄について

更新日:2019年02月07日

古くなったり不要になったりした消火器は、絶対に分解したり薬剤を放射したりしないでください。

非常に高圧なガスにより薬剤を放射する仕組みになっています。

分解や放射により思わぬ事故につながりかねません。

消火器の廃棄方法

古くなったり不要になったりした消火器の取扱いに困っていませんか?

消火器は、一般ごみとして捨てることはできません。

では、どうすればよいのでしょうか?

1 購入した店や、消防設備業者に引き取ってもらう

消火器に、購入店のシールなどが貼ってあることや、消防設備業者の名前がある場合があります。
不要な消火器の引取りをしているか、価格、引取り方法などを確認してみましょう。

2 購入と引換えに、引取ってもらう

消防設備業者だけでなく、ホームセンターなどの一般取扱店でも、購入と引換えに古い消火器の引取りを行っている店があります。
事前に電話等で確かめてから、お店に行くようにしましょう。
購入される消火器と同等の大きさ、本数に限定れることもあります。
(店舗により引取りを行っていない場合もあります。)

3 消火器のリサイクルに出す

2010年(平成22年)1月1日より、消火器のリサイクルがはじまっています。

方法1

特定窓口に引き取りを依頼する。(東広島市の特定窓口は次のリンクを確認してください。)

方法2

指定引取場所に持ち込みする。(東広島市に指定引取場所はありません。)

方法3

ゆうパックによる回収を依頼する。(法人の申し込みは出来ません。)

電話で申込みをすると、代金引換にて箱が送られてくるので2,310円を郵便配達員に支払います。その箱に不要な消火器を入れて郵送します。

(費用2,310円は運送費・リサイクルシール代含みます)

詳しくは、下記(消火器リサイクル推進センターホームページ)をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先
消防局 予防課 
〒739-0021
東広島市西条町助実1173番地1
電話:082-422-6341
ファックス:082-422-5597
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。