准看護師の免許に関すること

更新日:2016年12月01日

新規に申請するとき

提出書類・持参物等

  • 申請書
  • 診断書(発行日から1か月以内のもの)
  • 戸籍抄(謄)本(発行日から6か月以内のもの)
    日本国籍を有しない方については、短期在留者は旅券その他の身分を証する書類の写し、中長期在留者及び特別永住者は住民票の写し
  • 手数料 5,600円
  • 合格証書の写し
    広島県准看護師試験合格者で、申請書に試験施行年月日、受験地及び受験番号の記載があれば不要。
  • 印鑑

手数料は、納付書により金融機関でお支払いただきます。納付書をお持ちでない場合、金融機関の営業時間内に来庁されないときは、その日のうちに申請ができませんので、ご注意ください。

申請書及び診断書は、健康増進課の窓口で用意しておりますが、下記の県ホームページからもダウンロードできます。

籍を訂正し、免許証の書換えをするとき

提出書類・持参物等

  • 申請書
  • 戸籍謄(抄)本(発行日から6か月以内のもの)
    日本国籍を有しない方については、短期在留者は旅券その他の身分を証する書類の写し及び申請の事由を証する書類、中長期在留者及び特別永住者は住民票の写し及び申請の事由を証する書類
  • 准看護師免許証
  • 手数料 3,400円
  • 遅延理由書(籍の変更後30日以上経過している場合)
  • 印鑑

手数料は、健康増進課の窓口で配布する納付書により、金融機関でお支払いただきます。金融機関の営業時間内に来庁されない場合は、その日のうちに申請ができませんので、ご注意ください。

他都道府県免許の場合は、納付書でお支払いいただけません。手数料分の郵便小為替が必要です。都道府県により額が異なるため、お問い合わせください。 

次のような場合は、お問い合わせの上、ご相談ください。変更の経過を全て確認できる除籍抄本、改製原戸籍等が必要になることがあります。

  • 前回の免許証の交付後に、戸籍を複数回変更されている場合
  • 戸籍が改製されている場合

申請書及び遅延理由書は、健康増進課の窓口で用意しておりますが、下記の県ホームページからもダウンロードできます。

再交付申請をするとき

提出書類・持参物等

  • 申請書
  • 准看護師免許証(紛失の場合は、不要)
  • 本籍地の記載のある住民票又は戸籍抄(謄)本(発行日から6か月以内のもの)
    日本国籍を有しない方については、短期在留者は旅券その他の身分を証する書類の写し、中長期在留者及び特別永住者は住民票の写し
  • 手数料 4,100円
  • 印鑑

手数料は、健康増進課の窓口で配布する納付書により、金融機関でお支払いただきます。金融機関の営業時間内に来庁されない場合は、その日のうちに申請ができませんので、ご注意ください。

他都道府県免許の場合は、納付書でお支払いいただけません。手数料分の郵便小為替が必要です。都道府県により額が異なるため、お問い合わせください。

申請書は、健康増進課の窓口で用意しておりますが、下記の県ホームページからもダウンロードできます。

籍登録を抹消するとき

提出書類・持参物等

  • 申請書
  • 准看護師免許証
  • 戸籍抄(謄)本(除籍されたもの)、死亡診断書、死体検案書又は失踪宣告書のいずれか1部
  • 申請者の印鑑
  • 遅延理由書(死亡及び失踪宣言から30日を過ぎている場合)

申請書及び遅延理由書は、健康増進課の窓口で用意しております。申請書は下記の県ホームページからもダウンロードできます。

この記事に関するお問い合わせ先
健康福祉部 健康増進課 保健総務係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館2階
電話:082-420-0936
ファックス:082-422‐2416
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。