医療費と介護保険サービス料の負担が高額になったとき(高額医療・高額介護合算制度)

更新日:2016年12月01日

医療費と介護保険サービス料の負担が高額になったとき(高額医療・高額介護合算制度)

 1年間の、医療保険と介護保険の両方の自己負担額を合算した額が、次表の自己負担限度額を超えた場合、その超えた額が「高額介護合算療養費」として支給されます。

合算する期間(計算期間)

 毎年8月1日から翌年7月31日まで

合算できる範囲

 同一世帯内の後期高齢者医療の被保険者に係る自己負担額

 ただし、高額療養費等の支給該当額を除きます。

申請手続

  • 計算期間中に後期高齢者医療と介護保険の両方で異動がない方
    対象となる方に広域連合から申請案内を送付します。申請案内に同封の申請書に必要事項を記入のうえ、市役所国保年金課または支所・出張所に申請してください。
  • いずれかの保険で異動のあった方
    申請案内を送付できない場合がありますので、市役所国保年金課または各支所・出張所にご相談ください。
表6<高額医療・高額介護合算制度の自己負担限度額(年額)>
区分 自己負担限度額(年額・世帯単位)・医療保険+介護保険
市民税課税世帯(現役並み所得者) 67万円
市民税課税世帯(一般) 56万円
市民税非課税世帯(低所得者2) 31万円
市民税非課税世帯(低所得者1) 19万円
  • 自己負担限度額の区分は、毎年7月31日現在の医療保険での区分(一部負担金の割合及び表3<市民税非課税世帯の区分>)を適用します。
  • 算定した支給額は、医療保険と介護保険で按分し、それぞれの保険から被保険者に支給します。
  • 支給されない場合
    ・医療保険または介護保険のどちらかの自己負担額の合算額が0円の場合
    ・自己負担限度額を超えた額が500円以下の場合
  • 治療などに要した費用を支払った日の翌日から2年を過ぎると、時効により支給されませんのでご注意ください。
この記事に関するお問い合わせ先
健康福祉部 国保年金課 医療給付係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館1階
電話:082-420-0933
ファックス:082-422-0334
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。