国民健康保険税の計算方法

更新日:2019年05月01日

令和元年度の国民健康保険税率・額(予定)

 令和元年度の国民健康保険税率・額は次のとおりです。

国民健康保険税率・額
  基礎分 後期高齢者 支援金等分 介護納付金分
所得割率 7.03% 2.52% 2.08%
均等割額(1人あたり) 27,701円 10,149円 10,813円
平等割額(1世帯あたり) 19,700円 7,023円 5,405円
限度額 610,000円 190,000円 160,000円

 

税額の算定方法

 課税額は、基礎分、後期高齢者支援金等分及び40歳以上65歳未満の加入者について課税する介護納付金分の合算額です。
 また、世帯の年間保険税額は、加入者全員の年間課税額の合計額です。
 ただし、それぞれ課税限度額を超える場合には、課税限度額を超えた部分は課税されません。
 このうち所得割額については、課税標準額{前年の総所得金額(山林所得金額などの分離課税所得も含む。ただし退職所得は除く)-33万円}に所得割率を乗じて算定します。

前年とは、国民健康保険税の対象年度の前年1月から12月までをさします。(令和元年度の場合は、平成30年1月から12月までです。)

算定された課税額から軽減が適用される場合があります。

あなたの1年間の保険税額は?

基礎分

所得割額

(被保険者の前年の総所得金額等(注釈1)-基礎控除33万円(注釈2))×0.0703=(1) 円

均等割額

27,701円 × 加入者数( 人)=(2) 円

平等割額

19,700円 (1世帯につき) (3) 19,700 円

基礎分合計

(1)+(2)+(3) (限度額61万円) (注釈3)=(A) 円

後期高齢者支援金等分

所得割額

(被保険者の前年の総所得金額等(注釈1)-基礎控除33万円(注釈2))×0.0252=(4) 円

均等割額

10,149円 × 加入者数( 人)=(5) 円

平等割額

7,023円 (1世帯につき) (6) 7,023 円

後期高齢者支援金等分合計

(4)+(5)+(6) (限度額19万円) (注釈3)=(B) 円

介護納付金分
(40歳以上65歳未満の人のみ)

所得割額

(被保険者の前年の総所得金額等(注釈1)-基礎控除33万円(注釈2))×0.0208=(7) 円

均等割額

10,813円 × 加入者数( 人)=(8) 円

平等割額

5,405円 (1世帯につき) (9) 5,405 円

介護納付金分合計

(7)+(8)+(9) (限度額16万円) (注釈3)=(C) 円

国民健康保険税

(A)+(B)+(C)   円

注釈

注釈1

所得金額の算定は、市民税課のページまたは国税庁ホームページを参考に算出してください。
なお、軽減・減免制度によりここで算出した額より低い場合もあります。

注釈2

世帯内で2人以上に所得がある場合、個人ごとに所得から基礎控除33万円を差し引いて計算します。

注釈3

100円未満の端数は切り捨てます。

この記事に関するお問い合わせ先
健康福祉部 国保年金課 国保係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館1階
電話:082-420-0933
ファックス:082-422-0334
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。