障害のある人のためのサポートファイルについて

更新日:2016年12月01日

障害のある人のためのサポートファイルについて

障害のある人は、成長していく過程で、福祉、医療、教育など様々な分野の機関や専門家などの支援を受けています。

このサポートファイルは、こどもの生育歴など詳細かつ正確な情報を記録する広島県内共通の様式であり、支援者が変わっても一貫性のある支援を可能にするためのツールとして誕生しました。

利用を希望される方は、障害福祉課の窓口で配布を受けてください。また、下のアイコンをクリックすると添付ファイルをダウンロードすることもできます。

サポートファイルにできること

  1. 障害のある人の成長過程、支援内容など、過去から現在にかけての本人に関する情報の整理が可能となり、詳細かつ正確な情報が伝わります。
  2. 保護者が病院、学校、福祉施設などで同じ説明を繰り返し行わなければならない状況の改善につながります。
  3. 保護者の監護能力が低下し、または死亡したときなどに、支援者に対し必要な情報提供ができます。
  4. このようなことから、障害のある人の理解の促進につながり、本人の生活環境が変わっても、地域生活における一貫した継続的な支援が受けられるようになります。

使用方法

健康や育ち、くらし、特性などを記録しておき、ご本人のことをよく知ってもらうために活用してください。記入は、ご家族や支援者など、ご本人のことをよく知っている人が行ってください。ご本人の成長や変化に伴い、時々書きかえをする必要があります。

支援者の方へ

個人情報はもとより、他の支援者や関係機関の情報も記載されていますので、プライバシーの保護に十分配慮してください。保護者が許可した支援者だけがサポートファイルを活用できます。支援に関係のない第三者への情報提供、承諾なしにコピーして二次的に使用することを禁止します。

この記事に関するお問い合わせ先
健康福祉部 障害福祉課
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館1階
電話:082-420-0180
ファックス:082-420-0181
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。