セーフティネット保証

更新日:2019年01月11日

目的

セーフティネット保証とは、取引先企業等の倒産、取引金融機関の破綻、自然災害等により経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るために、通常の保証限度額とは別枠で信用保証協会が保証を行う制度です。

対象となる中小企業者

次の要件に掲げる経済環境の急激な変化に直面し、経営の安定に支障を生じている市内に本店のある中小企業者(個人事業主の方は主たる事業所)であって、東広島市長の認定を受けた方。

対象となる中小企業者
各号 対象となる中小企業者
1号 大型倒産(再生手続開始申立等)の発生により影響を受ける中小企業者
2号 取引先企業のリストラ等の事業活動の制限により影響を受ける直接・間接取引のある中小企業者及び近隣等に所在する中小企業者
3号 突発的災害(事故等)により、影響を受ける特定の地域の特定の業種を営む中小企業者
4号 突発的災害(自然災害等)により、影響を受ける特定の地域の中小企業者
5号 業績の悪化している業種に属する中小企業者
6号 金融機関の破綻により当該金融機関からの借入れが困難になるなど、資金繰りが悪化している中小企業者
7号 金融機関の相当程度の経営合理化(支店の削減等)に伴って借入れが減少している中小企業者
8号 整理回収機構または産業再生機構に貸付債権が譲渡された中小企業者のうち、再生可能性があると認められる者

詳細は下記リンクよりご確認ください。

保証限度額

一般保証限度額

  • 普通保証 2億円以内
  • 無担保保証 8,000万円以内
  • 無担保無保証人保証 1,250万円以内

別枠保証限度額

  • 普通保証 2億円以内
  • 無担保保証 8,000万円以内
  • 無担保無保証人保証 1,250万円以内

保証料率

  • 普通保証・無担保保証 年0.70%
  • 無担保無保証人保証 年0.60%

必要書類

共通書類

  • 認定申請書(2部:うち1部は認定書兼用)
  • 印鑑証明書
  • 登記簿謄本(法人の場合)
  • 決算書(法人の場合)確定申告書(個人の場合)

 申請される要件により、別に次の書類が必要となります。1・4・5・7号の詳しい説明書及び申請書は次の項目からダウンロードできます。それ以外の様式については産業振興課までご相談ください。

1号

必要書類

再生手続き開始申立等事業者に対する売掛金債権等の額を証する書類。

説明書
申請書

2号

必要書類

売上高の根拠となるもの、指定事業者との取引規模の割合を証する書類。

3号

必要書類

売上高の根拠となるもの2期分。(最近3か月間及び前年同期3か月間の試算表、売上台帳、元帳など)

4号

必要書類

売上高の根拠となるもの2期分。(最近3か月間及び前年同期3か月間の試算表、売上台帳、元帳など)

説明書
申請書
取扱期間

平成30年8月6日(月曜日)~平成31年1月11日(金曜日)

5号

必要書類

下記の説明書を参照してください。

また、下記リンクより指定業種についてご覧になれます。

説明書
申請書

6号

必要書類

破綻金融機関等と取引があったことを証する書類。(借入証明書など)

7号

必要書類

残高証明書2期分

説明書
申請書

8号

必要書類

事業計画書(様式自由)、債権譲渡通知書など、約定書など

手続の流れ

対象となる中小企業の方は、認定申請書(申請用・認定用各1部)に必要書類を添えて東広島市産業振興課の窓口に提出し、認定を受けたうえで、希望の金融機関または広島県信用保証協会に認定書を持参し、保証付き融資を申し込んでください。
保証協会または金融機関による審査の結果、ご希望にそいかねる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

この記事に関するお問い合わせ先

産業部 産業振興課 雇用推進係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館8階
電話:082-420-0921
ファックス:082-422-5805
メールでのお問い合わせ

このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。