酒蔵通りを歩く

更新日:2016年12月01日

ここは日本の酒都(しゅと)

東広島市の西条は、兵庫の灘、京都の伏見と並び称される銘醸地のひとつ。その名は日本はもとより、世界の愛飲家たちにも知られるところです。

江戸時代の初めには酒造りが行われていたという西条。西国街道の宿場町でもあったこの地の酒は、いったい幾人の旅人たちの疲れを癒してきたことでしょうか。昭和の初めにこの地を訪れ、西条を「酒の新都」と称した俳人・河東碧梧桐も西条の酒に魅せられたひとり。

冷涼な気候、龍王山から伏流水として流れくる清冽な水、そして妥協なく工夫を重ねる杜氏たちの精神と技が息づくこの地では、現在でも口に含めば至福のときをもたらす旨い酒を目指した酒造りが続けられています。

酒蔵通り遠景の写真
酒蔵通りの写真

酒都の主な見どころ

酒蔵開放状況等

酒都のグルメ

酒都の案内人

周辺の酒関連施設

この記事に関するお問い合わせ先

産業部 観光振興課 観光企画係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館8階
電話:082-420-0941
ファックス:082-422-5805
メールでのお問い合わせ

このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。