中国電力株式会社深山変電所本館(旧広島電燈株式会社椋梨川発電所)

更新日:2016年12月01日

近代化を象徴する洋風建築

深山(みやま)変電所は、大正7(1918)年に旧広島電燈株式会社の椋梨川発電所として造られた石造の建物です。壁は花崗岩の切石積みですが、内部は漆喰仕上げで、屋根裏はトラスが組まれています。また、半円アーチ形の窓を設けるなど、重厚な洋風建築で、山間部の近代化を象徴する建物として国の登録有形文化財に登録されています。
敷地内は立ち入り禁止であり、外観のみ見ることができます。

中国電力株式会社深山変電所本館の写真

場所

東広島市河内町中河内12-3

アクセス

山陽自動車道河内インターチェンジから車で約20分
JR山陽本線河内駅から車で約2分

駐車場

あり(深山峡公園駐車場)

お問い合わせ

文化課

電話番号:082-420-0977

周辺の観光地など

竹林寺、深山峡、こうち寄りん菜屋

この記事に関するお問い合わせ先

産業部 観光振興課 
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館8階
電話:082-420-0941
ファックス:082-422-5805
メールでのお問い合わせ

このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。