日本年金機構における個人情報流出に便乗した不審な電話にご注意ください!

更新日:2016年12月01日

事例

事例1

  • 年金流出処理委員会を名乗る者から自宅に非通知で電話があり、「あなたの年金情報が流出している。他にも流出しているかもしれない。家族で年金を受け取っている者がいれば教えてほしい」と言われた。「詳細は書面で送ってほしい」と伝えたところ、電話が切れた。
    (60歳代、女性、北陸地方)

事例2

  • 日本年金機構を名乗る者から電話があり、最初に自分の名前を言われ「個人情報が漏れた。本人に直接伝えたいことがある」と言われた。「本人ですよね」と念押しされたので、とっさに「本人は出かけている」と言ったら、「またかけ直す」と言って電話が切れた。
    (70歳代、女性、山陽地方)

事例3

  • 国民生活センターの職員を名乗る者から電話があり、「年金機構の件を知っているか。あなたの個人情報が3社に漏えいしていることがわかった。そのうち2社については削除できたが、残りの1社の削除ができない。しかし、ボランティア団体の会長があなたの代理人を引き受けてくれることになった。これから名義変更のために会長から連絡がある」と言われ、電話が切れた。
    (60歳代、女性、南関東地方)

アドバイス

  • 「あなたの年金情報が流出している」「流出した年金情報を削除できる」などといった不審な電話や勧誘があっても、相手にせずすぐに電話を切ってください。
  • 本件に関し、日本年金機構や消費者庁、国民生活センター、消費生活センター等の職員から消費者へ電話やメールで連絡をすることはありません。
  • 少しでも不安を感じたら、すぐに東広島市消費生活センター(電話番号082-421-7189)に相談してください。

記事の詳細については下記の独立行政法人国民生活センターのホームページへ 

相談窓口

紹介した事例以外にも、消費生活に係るトラブル、相談ごと、悪質な勧誘販売に関する情報提供などは東広島市消費生活センターまでご連絡ください。

東広島市消費生活センター(平日9時から12時、13時から17時)

082-421-7189

独立行政法人国民生活センター

消費者ホットライン(土曜日、日曜日、祝日 10時~16時)

0570-064-370

お昼の消費生活相談 (平日 11時~13時)

03-3446-0999

この記事に関するお問い合わせ先
生活環境部 地域づくり推進課 市民生活係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 北館1階
電話:082-420-0924
ファックス:082-423-0270
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんので、ご了承ください。また、暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。