東広島市ウェブアクセシビリティ方針

更新日:2017年03月31日

東広島市ウェブアクセシビリティ方針

東広島市が運営する「東広島市公式ホームページ」は、日本工業規格JIS(ジス) X 8341-3:2016『高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス- 第3部:ウェブコンテンツ』に対応することを目標とし、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいきます。

1.対象範囲

東広島市公式ホームページドメイン以下においてCMS管理下にあるウェブページ(HTMLファイルのみ)を対象範囲とします。(下記リンク参照)

http://www.city.higashihiroshima.lg.jp/

2.目標とする適合レベル及び対応度

(1)目標とする適合レベル

日本工業規格JIS(ジス) X 8341-3:2016『高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス- 第3部:ウェブコンテンツ』の適合レベルAA(タブルエー)準拠。

(2)対応度

日本工業規格JIS(ジス) X 8341-3:2016『高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス- 第3部:ウェブコンテンツ』の適合レベルA(シングルエー)一部準拠。

(3)JIS(ジス) X 8341-3:2016対応度表記について

本方針における「準拠」という表記は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン – 2016年3月版」で定められた表記による。

3.アクセシビリティ対応の実施方法

アクセシビリティ対応として、別表の達成基準一覧に従い次に掲げる2種類のアクセシビリティ診断を実施し、その診断結果を基にした修正を行うとともに、アクセシビリティガイドラインに則した運用を行い、目標の達成を目指します。

達成基準一覧

(1)機械診断

プログラムによる診断が可能な項目について、CMS管理下にある全ウェブページのうち、トップページ及び主要ページを対象に1年ごとに実施します。

(2)目視及び操作診断

適合レベルAの全診断項目について、「JIS(ジス) X 8341-3:2016」JB.1.2.d (ウェブページ一式単位のウェブページ一式を代表するウェブページとランダムに選択したウェブページとを併せて選択する場合」に基づき選択したウェブページを対象に1年ごとに実施します。

4.現状の課題及び今後の対応に関する考え方

(1)トップページのバナー広告

平成29年度募集分より、「東広島市ホームページ広告募集要項」に広告バナーのデザインに関する規定を盛り込み、文字サイズやコントラスト比がJIS(ジス) X 8341-3:2016に適合したバナー画像のみ掲載するようにします。

(2)PDF等の添付ファイル

平成28年12月のホームページリニューアルを機に掲載ガイドラインを策定し、音声読み上げ可能なPDFの作成やPDF等の添付ファイルだけによる掲載をしないように努めます。

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

政策企画部 広報戦略課 シティプロモーション推進係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館5階
電話:082-420-0919
ファックス:082-422-1395
メールでのお問い合わせ

このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。