土砂災害体験VRを導入しました!

更新日:2019年04月03日

広島大学との共同研究により開発した避難体験VR「土砂災害」が消防局3階の防災センターに導入されました。

VR機器一式の写真

本ソフトでは、土砂災害の発生前から災害発生に至るまでの気象状況及び住宅付近の変化について、平成30年7月豪雨の被災者からのヒアリングを基に発災当日の状況を再現し、避難のタイミング等について体験、学習することができます。

テレビでニュース速報を見ている場面
道路が水没して家から出られない場面
避難行動を選択する場面
屋内に土砂が入ってきた場面

機器の性質上、体験は13歳以上とさせていただきます。

また、操作員が必要になりますので、体験を希望される方は事前に消防署庶務予防係(電話番号082-422-6567)へ連絡して確認のうえお越しください。

この記事に関するお問い合わせ先
消防局 東広島消防署 
〒739-0021
東広島市西条町助実1173番地1
電話:082-422-6567
ファックス:082-422-8119
メールでのお問い合わせ