西分署 車両紹介

更新日:2016年12月01日

八本松1(タンク車)

八本松1は、平成29年3月に更新された消防車です。消火用の水を800リットルと圧縮空気発砲装置(キャフス)を積載している水槽付消防自動車です。キャフスとは消火用の水に圧縮空気と消火原液を混ぜて泡を出す装置のことです。火災の状況によって消火方法(水による消火と泡による消火)を使い分けています。

斜め正面からの八本松1の写真
真横からの八本松1の写真

八本松2(ポンプ車)

八本松2は、水ポンプ装置を積載した消防車です。
火災時には川や池などの自然水利、消火栓などから水を得て放水する事が出来ます。

斜め正面からの八本松2の写真
真横からの八本松2の写真

八本松救助1(救助工作車)

八本松救助1は、約200種類の救助資機材を積載しており救助を専門にした車両で放水は出来ません。
車両にはクレーン装置や油圧ウインチ、約100メートル先まで照らせる照明装置が装備されています。
また大災害などに派遣される緊急消防援助隊登録車両です。

斜め正面からの八本松救助1の写真
様々な装置を装備する八本松救助1の写真

八本松梯子1(梯子車)

八本松梯子1は、約25メートル伸ばすことが可能で、高所からの放水及び高層建物からの人命救助の際出動します。

斜め正面からの八本松梯子1の写真
八本松梯子1からクレーンが伸びる様子の写真

八本松救急1(高規格救急車)

八本松救急1は、傷病者を病院などの医療機関に迅速かつ安全に輸送するための車両です。
車内には約200種類にもおよぶ救急資機材が積載されています。また車内に積載されているストレッチャーは傷病者の症状に応じて様々な体位で搬送が可能となっています。

斜め正面からの八本松救急1の写真
真横からの八本松救急1の写真

八本松救急2(高規格救急車)

八本松救急2は、八本松救急1と同じく高規格救急車で、救急要請が併発した際などに出動しています。

斜め正面からの八本松救急2の写真
八本松救急2の内部の写真

東広島西1

東広島西1は業務上の事務連絡や、人員輸送及び資機材搬送などに活用しています。

斜め正面からの東広島西1の写真
真横からの東広島西1の写真
この記事に関するお問い合わせ先
消防局 東広島消防署 
〒739-0021
東広島市西条町助実1173番地1
電話:082-422-6567
ファックス:082-422-8119
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。