違反対象物の公表制度 消防法令違反の建物公表制度が開始されます

更新日:2017年09月20日

消防法令違反対象物の『公表制度』について

違反公表制度とは

消防法令違反の建物を公表します

消防法令違反の公表制度とは、消防が立入検査の際に確認した重大な消防法令違反をホームページ等で公表する制度です。 死傷者が発生している建物火災の 多くで重大な消防法令違反が発生しているため、建物を利用する方が、自ら利用する建物の危険性に関する情報を入手し、その建物の利用について判断できるよう情報を公開します。

公表の対象となる建物は

飲食店、物品販売店やホテル等、不特定多数の方が利用する建物や、病院、福祉施設等一人で避難することが難しい方が利用する建物です。

飲食店、物品販売所、ホテルのイラスト
病院、福祉施設のイラスト

公表の対象となる違反は

屋内消火栓設備、スプリンクラー設備又は自動火災報知設備の設置義務があるにもかかわらず設置されていない重大な消防法令違反です。

屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備のイラスト

公表の時期は

消防が立入検査で違反を確認し、建物関係者に違反を通知した日から14日が経過してもその違反が認められる場合に公表します。また、公表は違反が是正されるまでの間、継続します。

公表の方法及び内容は

建物の名称、建物の所在地、違反の内容を東広島市のホームページ等へ掲載します。

制度の開始時期は

平成30年4月1日

建物関係者の皆様へ

所有、管理する建物で、用途変更(部分的な用途変更も含む。)、増改築、建物同士の接続などの工事を行う場合には、最寄の消防署へ必ずご相談下さい。これらの変更や工事を行ったことにより、消防用設備等の規制が変わり消防法令違反となる可能性があります。その結果として、公表の対象となる設備が必要となる場合があり、設置されていないときは消防法令違反の公表の対象となります。

増改築、用途変更のイラスト

パンフレット

パンフレットの表の写真
パンフレットの裏の写真
この記事に関するお問い合わせ先
消防局 予防課 予防係
〒739-0021
東広島市西条町助実1173番地1
電話:082-422-6341
ファックス:082-422-5597
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんので、ご了承ください。また、暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。