多発する振り込め詐欺にご注意ください!

更新日:2016年12月01日

犯人が被害者を電話でATMに誘導しているイラスト

振り込め詐欺とは、電話をかけるなどして対面することなく、指定した預貯金口座への振込みその他の方法により、現金等をだまし取る犯罪のことです。

代表的な詐欺

なりすまし詐欺(オレオレ詐欺)

息子や孫、警察官や銀行員などを装い現金等をだまし取る手口です。

架空請求詐欺

郵便、インターネット等を利用して不特定多数の者に対し、架空の事実を口実とした料金を請求する文書等を送付するなどして、現金を預金口座等に振り込ませるなどの方法によりだまし取る手口です。

還付金詐欺

税務署や区役所等を名乗り「税金や医療費等を返還します」「今日が手続きの締め切りです」「ATMで手続きができます」等とコンビニエンスストアー等に設置してあるATMに行かせ、携帯電話で還付手続きを指示するふりをし、実は犯人の口座にお金振り込む手続きをさせる手口です。

融資保証金詐欺

実際には融資しないにも関わらず融資する旨の文書等を送付するなどして、融資を申し込んできた者に対し、保証金等を名目に現金を預金口座等に振り込ませるなどの方法によりだまし取る手口です。

発生状況

東広島市では平成26年、平成27年と連続して約1億2000万円もの被害が発生しましたが、被害額は年々減少しています。

しかしながら、年々手口が巧妙になり、被害件数が増えています。

特に高齢者をねらって、身に覚えのない借金の請求を名目に訴訟を起こされているといった内容の葉書による被害が出ています。

振り込め詐欺の発生状況

振り込め詐欺の発生状況
 
件数
被害額
平成27年 27件 121,483,710円
平成28年 25件 88,447,339円
平成29年 47件 40,385,000円
平成30年 21件 21,900,000円

振り込め詐欺以外の特殊詐欺の発生状況

振り込め詐欺以外の特殊詐欺の発生状況
 
件数
被害額
平成27年 4件 2,305,800円
平成28年 1件 100,000円
平成29年 1件 2,050,000円
平成30年 0件 0円

振り込め詐欺などに対する対策

通帳やキャッシュカードを他人に渡さない、暗証番号も教えないようにしてください。

不審な電話があった際には一度電話を切り、まず身内の方や警察等にご相談ください。

詐欺の手口は年々複雑化、巧妙化しています。ニュース等で新しい手口などに関心を向けていただくことも大事です。

自分は決して騙されないと思っている人ほど危険です。怪しい話には十分ご注意ください。

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 危機管理課 生活安全係
〒739-8601
東広島市西条栄町8番29号 本館3階
電話:082-420-0400
ファックス:082-422-4021
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。