水道管と井戸水等を連結しないでください

更新日:2016年12月01日

 クロスコネクションとは、給水装置とそれ以外の水管(井戸水など)その他の設備とを直接連結している状態のことです。クロスコネクションは、上水道への逆流による水道水汚染の原因となり、他の使用者への影響があるため禁止されています。

 クロスコネクションが発見されたときは、水道局給水課へ連絡してください。このような場合には、水道管との切り離しが確認できるまで、水道法及び東広島市水道給水条例の規定に基づき、このご家庭の給水を停止することがあります。

 水道が断水して使えないときでも、一時たりとも井戸水と接続してはいけません。クロスコネクションは思わぬ事故のもととなるので絶対に行わないでください。

この記事に関するお問い合わせ先
水道局 給水課 
〒739-0025
東広島市西条中央二丁目5番18号
電話:082-421-3665
ファックス:082-422-0440
メールでのお問い合わせ
このページが参考になったかをお聞かせください。
質問1
このページの内容は分かりやすかったですか?
質問2
このページは見つけやすかったですか?
質問3
このページには、どのようにしてたどり着きましたか?


質問4
質問1及び2で、選択肢の「3.」を選択した方は、理由をお聞かせください。
【自由記述】
この欄に入力された内容について、回答はいたしませんのでご了承ください。
また、暗号化に対応していないため個人情報等は入力しないでください。
市役所へのお問い合わせは、各ページの「この記事に関するお問い合わせ先」へお願いします。