宅地内の堆積土砂の撤去を行います

更新日:2018年07月21日

基本的な考え方

平成30年7月豪雨により、家屋の倒壊や土砂等の流出により甚大な被害が発生しています。市では、このような状況を勘案して、今回、土石流や河川の氾濫により流れ出た流木や岩石が混じった土砂等が堆積している宅地については、早期に生活の再建を図るため、人力では撤去が困難なものに限り民有地内の土砂であっても市で撤去します。

また、ボランティアや地域の皆様によって土砂等を撤去される場合は、集められた土砂等は、土のう袋等に入れて前面道路に出しておいていただければ、本市で対応します。

撤去の進め方について

宅地の土砂撤去を要望される方は、要望を踏まえた具体的な現地調査を行うため、改めて要望していただくようお願いします。(窓口、電話どちらも可)

今後については、要望があった後に現地調査をいたします。道路上の土砂等の撤去が進み、仮置き場の確保ができた箇所から、地区ごとに、順次、作業に着手していきます。

(ただし、作業着手までに、概ね2か月程度待っていただくこととなります。)

撤去の範囲

機械で撤去できる範囲を市で行います。家屋の中の土砂、流木については、敷地の中に出しておいていただければ、市で撤去します。

宅地とは・・・被災前までに存在していた家屋が、現に居住していた住居であること。(工場、倉庫等は除く)

お問い合わせ・受付開始

平成30年7月24日(火曜日)~

お問い合わせ先

宅地土砂撤去担当班(市役所本庁7階 703会議室) 082-426-3119

平成30年7月豪雨,被災者支援,宅地内堆積土砂の撤去